ゆっくりと時間を掛けた自力での引っ越し

引っ越しは、業者に荷運びを頼むものです。 しかし、中には引っ越し業者に頼らず自力で引っ越しを済ませてしまう人もいます。知人の話なのですが、彼は新居への入居に一か月の余裕を見て、 引っ越し業者に頼らず全て荷運びを行ったというのです。

仕事が忙しく荷造りの時間がとれなかったり、引っ越し業者に手伝ってもらうとはいえ、 一気に荷を運び込むとなると疲れが体に溜まり仕事に差し支える、というのが主な理由です。

もちろん入居までの一ヶ月間は、現住居への家賃と、引っ越し先への家賃の両方を支払います。 なんて勿体ない……とも思ったのですが、一人暮らしのアパートならば、 家賃もそこそこに安く大きな打撃とはなりません。

少しずつ荷を運び、新居がダンボールで埋まらないように生活環境を整えていく。なるほど、そんな方法もアリかなとは思いました。必要最低限の生活に必要のない、細々としたものや家電を先に運び、荷運びの負担が少なくなったところで、生活に必要な荷を最後に運び込む。これならば、いざ新居での生活が始まっても、スムーズに生活できます。

かなりユニークな方法ですが、時間を掛けてゆっくりと引っ越すというのも 人によっては有効な方法です。
https://www.sou-un.jp/