おすすめ!食物繊維で便秘改善、根菜レシピ

便秘対策を食べ物によって行うなら、基本となるのは食物繊維の摂取でしょう。野菜や海草類などに多く含まれる食物繊維は、腸内環境を整えてお通じのリズムを整える上で、大切な栄養素です。毎日の献立の中に積極的に取り入れるようにしたいものです。

ただ、野菜を取ると言ってもサラダなどでは食べられる量に限界があります。生の野菜には、やはりお腹の調子を整える食物酵素も豊富に含まれているので、たくさん食べるに越したことはないのですが、そればかりでは気持ちが疲れてしまうかもしれません。寒い時期は少々辛い、ということもあります。

そんな時におすすめなのが、根菜をたっぷり使ったスープです。大根やカブ、にんじんにごぼうといった根菜類を一口大に切り、玉ねぎと一緒にお好みの味のスープストックあるいはだしで煮てみましょう。野菜類がやわらかくなったら出来上がりです。ソーセージやベーコンなどを一緒に煮れば、十分な主菜級のおかずになりますし、汁を少なめにして煮物感覚で食べても美味しいものです。作り置きが効くので、忙しい方にも最適ですね。

こうしてのどごし良く、柔らかくすれば、根菜類の中の食物繊維をかなり容易に摂取することができ、翌日以降のお通じが改善していきます。サラダと違ってお腹もしっかり温まるので、便秘とともに冷えに悩んでいる方にはうってつけの便秘対策メニューです。